血液の状態と肥満と不安

MENU

血液の状態と肥満と不安

血液の状態と肥満と不安

テレビでは健康番組が大人気の日本ですが、そんな健康番組では度々、血液ドロドロの状態をサラサラにする方法などが放送されます。特に肥満体になるとその傾向は強くなり、健康を脅かす要素になります。

 

日本人は健康番組や健康雑誌など、健康情報を入手するのが大好きなので、それを目にすると不安になるものです。しかし無駄に心の不安定を煽るのナンセンスであり、要は血管も元気にして健康体重であれば良いわけです。

 

健康番組はだいたい健康に良い健康食品の宣伝をしたり、番組のスポンサーの販売商品を宣伝したりするのが仕事なので、一般人はその煽りを間に受けていないで、身近でもっと手軽にできることから、健康を支える基盤を作りましょう。

 

健康食品やテレビやCMで放送をしている健康グッズなどは、一つのツールでありますので、それがないと人間が健康でいられないということはありません。本当に必要なことは、もっと身近にあることです。

 

なぜ日本人に太り気味の人が多くなったのか、血管を心配する傾向が強くなったのかというと、日本人のライフスタイルが大きく変わったからです。

 

昔の日本人は本当によく体を動かして働きましたし、食事といえば麦わあわなどの玄米食に、味噌汁に漬物や焼き魚に煮物などを頂いていました。3食食べるようになったのは十数年ほどのことであり、1日に1食や2食というのが日本の食生活のスタンダードだったのです。

 

食事の回数も少なく食べる献立もシンプルな上に、とにかく日本人はよく体を動かしたので、今のように太っていることが悩みでダイエット食品が、飛ぶように売れることなど夢にも思わなかったでしょう。

 

お腹いっぱい食べられるようになれば、日本人は幸せになれると本気で信じていた時代もあったのです。しかし現代はお腹一般食べられる時代を迎えていますが、日本人で幸せ度はそれほど高くはなく、太り過ぎで悩みながら、ついでの生活習慣病の心配まであります。

 

生活習慣と肥満

 

昔の人たちの夢に描いていたイメージは、現代は全て打ち砕かれていますが、太り過ぎは現代の社会問題にもなっています。太るというのは見た目にも美しくはない上に、年齢よりも10歳ほど老化して見えますし、肉体内の細胞も同じように老化をしますので、いいことなどは一個もないです。

 

太っている人と痩せている人では、明らかに太っている人はあまり好まれませんし、不利なことのほうが多いのが現代というものです。食べ過ぎてしまうのは食べ物が身近にたくさんあるということ、そして今食べているものには栄養がなく、だからこそ脳はもっと栄養のあるものを食べようとして、太りすぎのループにはまっていくことになります。

 

食べるものが豊富にある時代にはなりましたが、内容的には栄養価が低く、化学調味料や砂糖などが多く使用されているために、健康を害するとともに、ついでに脳までダメにしてしまう食習慣が今ではあるのです。

 

現代人は甘味の強い砂糖やインスタント食品、レトルト食品に加工食品、コンビニの食べ物や化学調味料が大好きであり、それらの味の虜ですが、全て健康をダメにするものです。

 

健康への意識は若いうちから

 

厳しいようですが甘い砂糖をいつまでも食べていると、健康を失い若さを失い、精神は切れやすく不安定になりますし、歯も失います。酸化した粗悪な油に精白した小麦粉、化学調味料やハムやソーセージ類など、未来に待っているのは健康を失った太って自分です。

 

年齢を重ねていくと失うものばかりであり、健康にもお金にも恵まれているのは若い時代だけです。働き盛りと言われる30代から40代のうちに体への健康の配慮をシフトチェンジしておかねば、50代からの健康は見事に崩れ去ることになるでしょう。

 

もはや60代には足腰の痛みや不調を慢性的に感じるようになり、太って不健康な体で老後を過ごすというのでは、せっかくの残りの人生を棒に振るってしまいます。

 

健康への意識を持つのは本当は、20代から心に落として実践をしたほうが、40代に入った時に周囲の同世代とはまったく違う、若々しくて健康な心を体を手にしているはずです。

 

食事からのマイナスの影響は、40歳をカウントすると一気に出てきますので、無理が利くのは20代までだという事実を受け入れることになります。健康に自信のある20代には健康などは、当たり前に持っているものであり、感謝も特にはできないでしょう。

 

しかし30代からはいろいろな面で心身への変化が出てきて、老化と向き合う本当のカウントは40歳空です。不規則な生活で不摂生を続けて、食事も健康に良くないものをお腹いっぱい食べる生活は、そのまま自分にしっぺ返しで跳ね返ります。気がついた時がシフトチェンジの時なので、不摂生は早く切り替えましょう。

 

食事は腹八分目で、和食を咀嚼してほどほど頂くことです。ストレスはすぐに解消をして、夜は夜ふかしはしないで安眠をします。身の回りは清潔にして、運動を習慣としましょう。

 


血液の状態と肥満と不安

関連ページ

血液サラサラは検査で判断可能
血液はいろいろな健康の問題に影響がある、とっても重要なバロメーターでもあります。この血液のコンディションを知るために、検査でどれくらい判定が可能なのかわかりやすく解説しています。
食べ過ぎと血液の関係とは?食生活改善で対策しよう
血液のコンディションはどんな食べ物を食べるか、だけでなくどれくらい食べるかも重要なこと?ここでは、食べ過ぎが血液の状態に及ぼす影響と食生活によって血液の状態を改善していく方法について解説しています。
血液に必要な成分について
良い血液のコンディションをキープするために、どんな栄養素が重要なの?ここでは、血液の状態を改善または維持するために必要な成分についてわかりやすく解説していきます。