血液サラサラへの改善対策

MENU

血液サラサラは検査で判断可能

血液サラサラへの改善対策

血液サラサラへの改善対策記事一覧

血液サラサラを目指す食事のポイント

血液がドロドロしていると動脈硬化の材料となる脂質などを増やしたり、血管を詰まらせる原因にもなる可能性があります。血液の流れをスムーズにすることで、栄養分の吸収や老廃物の除去がスムーズに行われることになるため、新陳代謝が活発化し疲労回復や美肌、生活習慣病の予防にもつながります。血液サラサラを目指す食事のポイントの基本は、バランスの良い和食中心の食生活を心がけることです。血液がドロドロになりやすい人は...

運動や適切な食事で血液サラサラに

血液がサラサラである方が、健康によいということはなんとなくわかると思いますが、実際に血液がドロドロになってしまう原因や、その改善方法を詳しく知っているという人は少ないでしょう。血液がドロドロになってしまうと、体がだるく感じたり、疲れがたまったままなかなか取れなかったりという原因になります。またそれだけでなく、動脈硬化の原因にもなり、様々な命に関わる病気につながることもあります。そのため血液をサラサ...

血液サラサラを簡単にできる方法とは

血液サラサラにするには毎日の食べ物にこだわる必要があります。血液がドロドロになってしまう理由は大体決まっており、脂肪を摂りすぎている、摂取カロリーが多いなどです。食生活のバランスが崩れているとドロドロになりやすいので、ここから改善していく必要があるでしょう。肥満体の状態にある方は、カロリーを摂りすぎていると考えられます。適正カロリーを摂取していれば、体重は増えないはずなのです。代謝不良も肥満になっ...

血液サラサラの改善は漢方の得意分野

古くから伝わる中医学の漢方では、血液がドロドロになって流れにくく血管がかたく老化していく状態を『お血』と呼んでいます。お血は泥が沈殿して流れを塞いでいるイメージで、すべての病気のもとといわれています。また中医学では気、血、水の関係で体全身をとらえていきます。気の流れが乱れると血、水につながり、お血の原因の一つには活性酸素の増加も関わっています。また脂肪、糖質の取りすぎや運動量の不足、喫煙、飲酒など...

血液をサラサラにしたい時の対策

血液は食事や生活習慣の影響によって流れが悪くなってしまいます。ドロドロとした状態になってしまいますが、この原因にはどんなものが考えられるでしょうか?それは、食べ過ぎや飲み過ぎで血中の糖質や脂質が増えてしまっている、赤血球などの成分が変形してうまく流れなくなっている、傷ついた血管の修復のために血小板が集まることで流れが停滞していることがなどが原因で流れが悪くなります。この状態を放っておくと、動脈硬化...

血液の中の悪玉コレステロールを減らすには

人間の生命活動を維持するためにはいろいろな栄養素が必要となりますが、そのうちのひとつが脂質の一種であるコレステロールです。細胞を包む細胞膜の材料になる成分で、脳の構成成分の60%がこの成分だといわれています。他にもホルモンの原材料なったり、栄養分を分解したり吸収するための胆汁酸の原材料になります。必要な栄養素のひとつではありますが、血液の中に増えすぎてしまうと様々な影響を与えてしまうため注意が必要...

脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防

生活習慣病の代表格といえば動脈硬化です。血管が狭くなったりしなやかさを失い硬くなったり血管の中に血栓ができたりすることで血液の流れが滞ってしまうという疾患です。動脈硬化が引き起こされる主な原因は生活習慣にあります。食生活の乱れによる栄養不足や運動不足や肥満や喫煙や過度なアルコール摂取などがそれにあたります。これらの原因により悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が上がって高脂血症になったり血圧が上昇し...