運動や適切な食事で血液サラサラに

MENU

運動や適切な食事で血液サラサラに

血液がサラサラである方が、健康によいということはなんとなくわかると思いますが、実際に血液がドロドロになってしまう原因や、その改善方法を詳しく知っているという人は少ないでしょう。血液がドロドロになってしまうと、体がだるく感じたり、疲れがたまったままなかなか取れなかったりという原因になります。

 

またそれだけでなく、動脈硬化の原因にもなり、様々な命に関わる病気につながることもあります。そのため血液をサラサラにしておくことは、健康を維持するためにも、とても重要なことなのです。そこで今回は、血液をサラサラにする方法について、詳しくご紹介いたします。

 

血液をサラサラにするために食生活を改善する

 

血液をサラサラにするためには、食生活をはじめとした生活習慣を見直し、改善していくことが重要になります。

 

まずひとつめに、食事制限を行いましょう。普段の食事において、カロリーを摂りすぎていると、エネルギーとして消費できなかったカロリーが中性脂肪、血糖となって蓄えられていきます。どんどん蓄えられていくことで、血液はどんどんドロドロになっていきます。

 

またカロリーの摂取だけでなく、食べるものの内容にも注意が必要です。脂っぽいものや脂質の多い食べ物、糖分を多くふくむお菓子やジュースなどを摂りすぎると、血液に悪い影響を及ぼします。

 

バランスのよい食事を摂るよう心掛けましょう。血液をサラサラにする食べ物には、ひとつめに玉ねぎがあげられます。野菜には血液サラサラ効果がありますが、その中でも最も大きな効果をもたらすのが玉ねぎです。玉ねぎに含まれる辛み成分の中に血液をサラサラにする成分が含まれています。

 

そのため調理の際に水にさらしたりすると、効果が薄くなってしまうので、注意が必要です。そしてお酢も血液サラサラ効果の高い食品です。お酢の中でも特に黒酢は効果が高いと言われています。普段の食事にお酢を積極的に取り入れることで、簡単に体に取り入れることができます。味に深みを出すこともできるので、様々な料理に取り入れてみるとよいでしょう。

 

適度な運動による改善

 

次に大切になってくるのが、適度な運動です。体内に脂肪が蓄積されると、血液がドロドロになることにつながります。体を動かして脂肪を燃やすことで、血液をサラサラな状態に改善させることができます。

 

効果的なのは、ウォーキングや水泳などの有酸素運動です。これらを20分以上続けて行うと効果的です。また室内で行うのであれば、スクワットが最も有効です。筋力をアップさせることで基礎代謝をあげ、脂肪の燃焼を高め、血液中にたまった中性脂肪も減らすことができます。

 

そしてこまめに水分補給をすることも大切です。汗をかくと血液中に含まれている水分が失われ、血液はドロドロの状態になります。特に就寝中は知らない間に体の水分が失われています。朝起きたらすぐに、コップ1杯の水や白湯を飲むことで、血液がドロドロのなるのを防ぐことができます。また一日を通して水分をこまめに摂るよう意識しましょう。一日に1.5リットルから2リットルは摂取しておきたいところです。

 

そして血流を良くすることも大切になります。血液の流れをスムーズにすることで、血液が滞ってしまうのを防ぐことができます。冷え性の人は特に、血液が滞ってしまうことで冷えが起こります。温かい飲み物を摂取したり、冷房の温度を調節するようにしましょう。

 

また暑い夏であっても冷たい飲み物を飲み過ぎるとはよくないので、なるべく常温で摂取するようにしましょう。血流をよくするためには入浴も大切です。面倒だから、時間がないからといってシャワーで済ませてしまうのは避けたほうがよいでしょう。

 

特に普段から運動不足を感じている人は、入浴するだけで新陳代謝が活発になり、血液がサラサラになります。血行をよくするには、一番簡単な方法で、リラックス効果もあります。特に効果のある入浴方法は半身浴です。ぬるめのお湯で半身浴をすることで、心臓に負荷をかけずにデトックスができます。

 

お風呂上りには、ストレッチを行う習慣をつけてみましょう。ストレッチは体中の筋肉を柔らかくすることにつながり、血流を良くします。ストレッチはお風呂あがりに行うのが一番効果的なのです。特にふくらはぎを中心にストレッチを行ってみましょう。ふくらはぎは、心臓へ血液を送り返す役割を担っているので、血液をサラサラにする効果があります。

 

そして喫煙や過度な飲酒は、血液をドロドロにすることにつながります。タバコを吸うと体内に有害物質を取りこむとともに、常に酸欠の状態に陥り、血液の流れが悪くなります。また有害物質によって、血管がもろくなってしまいます。

 

そして飲酒に関しては、適度なお酒は血流アップにつながります。また善玉コレステロールを増やしたり、血液中に血栓が作られるのも予防することができます。

 

しかし飲みすぎてしまうと、血液をドロドロにしてしまうので、飲み過ぎには十分注意しましょう。"

運動や適切な食事で血液サラサラに

関連ページ

血液サラサラを目指す食事のポイント
血液がサラサラになるために、食事ではどんなことを気をつけていったら良いのでしょう?ここでは、血液サラサラになるために目指したい食事のポイントについてわかりやすく解説していきます。
血液サラサラを簡単にできる方法とは
血液の状態は若さや健康へ大きな影響があることはわかったけど、面倒な方法でなくても改善する方法ってないの?ここでは、出来るだけ簡単に血液がサラサラの状態にすることが出来る方法についてわかりやすく解説しています。
血液サラサラの改善は漢方の得意分野
血液は東洋医学でも非常に重視されている重要な健康の要素です。ここでは、血液の状態の改善に強い漢方の視点での改善法についてわかりやすく解説しています。
血液をサラサラにしたい時の対策
健康や若さを維持していくために重要な血液のコンディションはどうすれば良くなる?血液をサラサラにして、安心するために知っておきたい対策について解説していきます。
血液の中の悪玉コレステロールを減らすには
健康に非常にいろいろな悪影響を与えると言われているのが悪玉コレステロール。この悪者を出来る限り減らすために、そんな方法があるのか、わかりやすく解説していきます。
脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防
余分な脂質は肥満やメタボだけでなく、いろいろな面で健康に悪影響があるというのは有名ですよね?ここでは、脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防するということを解説していきます。