血液をサラサラにしたい時の対策

MENU

血液をサラサラにしたい時の対策

血液をサラサラにしたい時の対策

血液は食事や生活習慣の影響によって流れが悪くなってしまいます。ドロドロとした状態になってしまいますが、この原因にはどんなものが考えられるでしょうか?

 

それは、食べ過ぎや飲み過ぎで血中の糖質や脂質が増えてしまっている、赤血球などの成分が変形してうまく流れなくなっている、傷ついた血管の修復のために血小板が集まることで流れが停滞していることがなどが原因で流れが悪くなります。

 

この状態を放っておくと、動脈硬化などの病気を引き起こしてしまうため注意が必要です。他にも、血圧が高くなったり、頭痛やめまい、少しの運動での息切れなどの症状からいきなり心臓発作や心筋梗塞などにつながってしまう可能性もあります。

 

血液をサラサラにする対策法

 

そんな血液をサラサラにしたいという場合には様々な対策を行うことができます。もっとも簡単な方法としては、食事にサラサラになる成分の含んだ食べ物を積極的に取り入れていくことです。まず手軽に食べられる食材としておすすめなのが、納豆になります。

 

納豆のネバネバの正体であるナットウキナーゼという酵素は血栓そのものを溶かす効果があり、血行を良くするのには効果的です。ただし、血栓を防ぐ効果のあるワーファリンという薬を飲んでいる場合には、納豆に含まれるビタミンKが薬の効果を弱めてしまうため注意が必要だとされています。

 

レモンやお酢、梅干しなどに含まれているクエン酸も効果的です。血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効果があります。ドロドロになっているのは血液が酸性に傾くことでも起こるため、クエン酸を体内に入れることでアルカリ性として働き酸性になったのを弱アルカリ性へと変えることができます。

 

イワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれているDHAやEPAには血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を高める効果を期待することが可能です。DHAやEPAは必須脂肪酸ですが体内で合成されないため、多く含まれている魚を食べることが効果的に摂取できる方法ですが、熱に弱いという性質を持つためなるべく刺身で食べることがオススメです。

 

赤ワインやブドウの皮、緑茶やココアなどに含まれているポリフェノール類も血の流れを良くします。血中のコレステロールの酸化を防ぐ効果があったり、血管を拡張する効果のほか、ポリフェノールの一種であるカロチノイドには抗酸化作用があるため、動脈硬化などの病気の原因になってしまう活性酸素を除去することができます。

 

ポリフェノールには様々な種類があり、作用も異なってくるため、自分の得たい働きの持つポリフェノールを中心に摂取していくことが良いとされています。昆布やワカメなどの海藻類に多いのがアルギン酸です。アルギン酸は食物繊維の一つで、コレステロールの吸収を妨げて体外に排出するのに有効です。

 

ビタミンCやビタミンEも抗酸化作用が高く良いとされています。ビタミンCはパプリカやイチゴ、柑橘類、サツマイモ、小松菜などに多く含まれているビタミンです。抗酸化作用が高く血流を良くするだけではなく美容にも有効な成分であると知られています。ビタミンEはナッツ類やアスパラガス、かぼちゃ、ニラなどに含まれているビタミンで、ビタミンCの吸収率を良くする効果があります。また、抗酸化作用も高いため血の流れを良くすることを期待できます。

 

飲料による血液改善

 

食べ物以外にもお茶などで対策をすることが可能となっています。緑茶はカテキンというポリフェノールが抗酸化作用が強く、コレステロール値や血糖値を下げる効果があります。

 

ウーロン茶にはウーロン茶ポリフェノールが含まれており、コレステロールや中性脂肪を下げる働きを期待することができ、麦茶には赤血球の流動性を良くします。

 

運動などの生活習慣の見直しによる血液改善

 

食事の効果を高めるためには生活習慣を見直すことも重要です。健康的な血管を作るためには運動を行うことも効果的だとされています。ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などの有酸素運動を20分以上続けることによって心臓や肺の機能を高めたり、中性脂肪や体脂肪などを燃焼することにつながります。

 

もちろん血中の糖質や脂質などもエネルギーとして利用されます。お風呂の入浴方法を工夫するのも有効です。熱めのお湯につかることによって大量の発汗を促したり、血小板の活性にも働いてしまい血圧の上昇になってしまいます。

 

それを避けるためにも入浴する場合にはぬるめのお湯に20分程度つかることが良いとされています。肩まで浸かると水圧で心臓に負担がかかってしまうため、半身浴をすることが体に負担のかからない入浴方法です。ゆっくり入浴してじっくり汗を掻くことによって体の中の有害物質や老廃物が出てくるため、それらを排除することで血が綺麗になっていきます。

 

血の流れは自律神経の働きによってスムーズにいっています。睡眠が不足したり不規則な生活をしていると自律神経が乱れてしまいます。それは血の流れにも影響してくるため、影響を出さないためにも規則正しい生活と質の良い睡眠を心がけていくことも大切です。

 


血液をサラサラにしたい時の対策

関連ページ

血液サラサラを目指す食事のポイント
血液がサラサラになるために、食事ではどんなことを気をつけていったら良いのでしょう?ここでは、血液サラサラになるために目指したい食事のポイントについてわかりやすく解説していきます。
運動や適切な食事で血液サラサラに
食事や生活習慣も血液のコンディションにはとっても大きな影響があります。血液がサラサラになるために、どんな食事をとったり、どんな運動をすれば良いのかなど、生活習慣の改善ポイントを解説していきます。
血液サラサラを簡単にできる方法とは
血液の状態は若さや健康へ大きな影響があることはわかったけど、面倒な方法でなくても改善する方法ってないの?ここでは、出来るだけ簡単に血液がサラサラの状態にすることが出来る方法についてわかりやすく解説しています。
血液サラサラの改善は漢方の得意分野
血液は東洋医学でも非常に重視されている重要な健康の要素です。ここでは、血液の状態の改善に強い漢方の視点での改善法についてわかりやすく解説しています。
血液の中の悪玉コレステロールを減らすには
健康に非常にいろいろな悪影響を与えると言われているのが悪玉コレステロール。この悪者を出来る限り減らすために、そんな方法があるのか、わかりやすく解説していきます。
脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防
余分な脂質は肥満やメタボだけでなく、いろいろな面で健康に悪影響があるというのは有名ですよね?ここでは、脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防するということを解説していきます。