脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防

MENU

脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防

脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防

生活習慣病の代表格といえば動脈硬化です。血管が狭くなったりしなやかさを失い硬くなったり血管の中に血栓ができたりすることで血液の流れが滞ってしまうという疾患です。動脈硬化が引き起こされる主な原因は生活習慣にあります。

 

食生活の乱れによる栄養不足や運動不足や肥満や喫煙や過度なアルコール摂取などがそれにあたります。これらの原因により悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が上がって高脂血症になったり血圧が上昇したりすることで動脈硬化のリスクが一気に高まってしまいます。

 

動脈硬化の症状が進行すると、心筋梗塞や狭心症などの心臓病や脳梗塞や脳出血などの脳卒中を発症させる原因にもなります。これらは突然死に至ることもある重大な病気ですので、きちんと対策を講じて動脈硬化の予防に努めることが大切です。

 

生活習慣病を予防するには

 

具体的な対策方法についてですが、まずは生活習慣を見直してみるということから始める必要があります。食生活で気をつけるべきことは、油っこい食事や味の濃い食事を控えて栄養バランスを意識するということが大切です。

 

油っこい食事が多いと悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が上がってしまい高脂血症の原因となり、味の濃い食事が多いと体がナトリウム過多となり高血圧の原因となります。

 

これらの食事を控えると同時に、脂質の吸収を抑える効果がある食物繊維や脂質の代謝を促進させる効果があるビタミンB群を摂取したり、利尿作用によりナトリウムの排出を促進させてミネラルのバランスを整える効果があるカリウムを摂取したりすることも大切です。食物繊維は野菜や果物や大豆製品やシリアルなどに豊富に配合されています。

 

カリウムはココナッツウォーターやトマトやアボカドやバナナなどに豊富に含まれています。納豆には血栓を予防する効果があるので積極的に取り入れるようにしましょう。血栓は夜寝ている間にできやすいという特徴がありますので、夕食時に納豆を食べるのがおすすめです。カツオやサバやマグロやイワシやブリやサンマなどの青魚もおすすめです。

 

青魚には多価不飽和脂肪酸の一種であるDHAとEPAが豊富に配合されています。DHAとEPAには悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする効果や血液サラサラ効果があるので、積極的に摂取することで動脈硬化になりにくい健やかな血管に導いてくれます。ドロドロ血液を防ぐためにはこまめな水分摂取も必要不可欠です。

 

一気にたくさん水を飲むのではなく、少しずつこまめに飲むのが効果的です。喉が渇いていなくても生活の中で水を飲むタイミングを決めてコンスタントに水分摂取をするようにしましょう。

 

夜寝る前にもしっかりと水分補給をして脱水を防ぎましょう。肉や魚や野菜や果物や大豆製品や卵や乳製品や海藻類を満遍なく食べて、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質をバランス良く摂取することが健康な食生活の基本となります。

 

しかし、外食が多い、料理をする習慣がない、忙しくて食事に時間をかけられない、野菜不足になってしまう、好き嫌いが多いなどの理由によりどうしても思うように栄養を摂取することができないという人には健康食品やドリンク剤やサプリメントの摂取がおすすめです。

 

脂質の吸収を抑える効果があるキトサンが配合されているサプリメントや脂質を排出する効果があるお茶を食事と一緒に摂取したりするのも良いですし、ビタミンB群やカリウムやDHAやEPAや食物繊維が配合されているサプリメントを毎日の健康習慣として生活に取り入れるのも効果的です。

 

青汁には食物繊維やビタミンやミネラルが豊富に配合されていて野菜不足の解消にも役立つのでとてもおすすめです。健康食品やドリンク剤やサプリメントを積極的に活用して栄養を補いましょう。生活習慣病を防ぐためには食生活の改善だけではなく運動も必要不可欠です。

 

その中でもとくに効果的なのが有酸素運動であるウォーキングです。1回20分以上歩き続けることで脂肪燃焼効果を得ることができます。脂肪燃焼効果をさらに高める方法としてアミノ酸の摂取があります。摂取するタイミングとしては、運動を行う30分前がベストです。ウォーキングは買い物や通勤時などに無理なく行うことができるので生活の中に取り入れやすいという魅力もあります。

 

有酸素運動はウォーキングだけではなく、エアロビクスや踏み台昇降運動などもそれにあたります。その場で足踏みをし続けるだけでも立派な有酸素運動になりますので、天候が悪い日や外出するのが億劫な日でも自宅で気軽に行うことができます。

 

食生活の改善や運動の習慣に加えて禁煙をしたりアルコールを控えたり質の良い睡眠をとったり規則正しい生活リズムを心がけたりすることも大切です。自分の血管の状態を把握するために定期的に検査を受けて動脈硬化などの生活習慣病に対する意識を高く持つということも大切です。

 

きちんとした対策に努めて健康な体をつくっていきましょう。

 


脂質の数値や血圧を下げて生活習慣病を予防

関連ページ

血液サラサラを目指す食事のポイント
血液がサラサラになるために、食事ではどんなことを気をつけていったら良いのでしょう?ここでは、血液サラサラになるために目指したい食事のポイントについてわかりやすく解説していきます。
運動や適切な食事で血液サラサラに
食事や生活習慣も血液のコンディションにはとっても大きな影響があります。血液がサラサラになるために、どんな食事をとったり、どんな運動をすれば良いのかなど、生活習慣の改善ポイントを解説していきます。
血液サラサラを簡単にできる方法とは
血液の状態は若さや健康へ大きな影響があることはわかったけど、面倒な方法でなくても改善する方法ってないの?ここでは、出来るだけ簡単に血液がサラサラの状態にすることが出来る方法についてわかりやすく解説しています。
血液サラサラの改善は漢方の得意分野
血液は東洋医学でも非常に重視されている重要な健康の要素です。ここでは、血液の状態の改善に強い漢方の視点での改善法についてわかりやすく解説しています。
血液をサラサラにしたい時の対策
健康や若さを維持していくために重要な血液のコンディションはどうすれば良くなる?血液をサラサラにして、安心するために知っておきたい対策について解説していきます。
血液の中の悪玉コレステロールを減らすには
健康に非常にいろいろな悪影響を与えると言われているのが悪玉コレステロール。この悪者を出来る限り減らすために、そんな方法があるのか、わかりやすく解説していきます。